大学院金子研究室志望者への注意


一般的な注意です。

A

この研究室は 大学院生は先生にテーマをもらって、その下で働くといったタイプのところではありません。 各自がそれぞれ自立した研究者として研究に挑むところです。 むろん、いきなり一人で研究を、ということも難しいでしょうから、 僕といっしょにテーマを考え研究したり、研究室の先輩と共同研究をするということは多いと思います。ただ、それは あくまで自立した研究者同志が 主体的に進める共同研究です。 もちろん、今までの知識や研究のやり方のようなものは、年をとっている方が経験がありますが、一方で 若い方の、知識にとらわれない斬新な発想が、研究の発展のもととなることもしばしばあります。 双方向のやりとりを通してこの両者がかみ合って自然の新しい理解を進めたいと思います。

ですから、自分で『こういうことを考えたい、わかりたい、やりたい』という 研究動機、意欲を持っていることが期待されます。 (現段階では それほど具体的なテーマになっている必要はありませんが。)

B

なお、既にある安定した知識の上で、誰かが出した問題を競って解くという方向にはあまり与していません。むしろ、まだ、 どうやっていいかよくわからない問題に挑み、それを科学的に扱える設定をたてて、大なり小なり、新しい分野をきり開いていくことを目指しています。 ですから、「知識の蓄積、修得」 を主目的にしている方は当研究室には向いていません。自身で新しい問題を作ってそれを考えていくことが重要です。

物理学はこれまで新しい領域に対して、自然現象に通底する論理を抽出し、その理解のしかたを定式化してきました。それを学んで、感銘を受けた経験があり、 その上で、今度はこのような感銘を作り出す側になりたいーーそのためには、必ずしも大学の授業科目で学んだ対象に束縛されることなく、 物理の考え方を広げて、自然現象の新しい論理を探り出したいという希望を持った方向きです。

C

僕自身の関心は、ひとことでおおざっぱにいえば、「ダイナミックなもの- こと」です。その理論としては、カオスや非線形ダイナミクスなどの力学系理論、 手法としてはしばしば計算機モデル、興味の対象としては、ダイナミックな物理 現象一般から、生命の起源から進化、発生、さらには社会の歴史など多岐にわたります。こう書くと、ナンデモアリにみえますが、ダイナミクスをもとにした視 点ということで共通しています(詳しくは研究紹介、著書や論文を参照してください)。現在の理論物理、 数理生物などでは多くの場合「static]な見方にたっている(*)ので、そうでない 立場でいこうというのは、どの分野でも決して「多数派」ではありません。たとえば生命現象でも、 かちっとよくできた機械としての生命を理解したいという方向が主流派ですが、 それに対して、僕は生命システムのしなやかさ(ダイナミックで柔らか、揺らぎがあるけれど頑健)を 理解したいとしています。こうした方向も段々興味を集めてはいますが、主流とはとてもいえません。 ですから、この方向でいこうという場合には強い気持、「元気さ」はいるかと思 います。

D

新しい方向の研究をするのには、そう 今までの知識はいらないように 見えるかも知れません。たしかに 細部のテクニックのような 知識は必要がないこともあると思いますが、 新しい考えを作り出すには、 正統的な学問を身につけ、その限界を知ることが必要です。従来の考え方にはあきたらない、新しい枠組を作るのだという意気込みがいるでしょう。 その意味では、わりと方法論が確立されている研究室よりも厳しい努力、問題意識が必要とされます。

また物理系から理論生物学を希望する場合も多いと思いますが、この際、どこまで生物の知識がいるかは微妙な問題です。生命とは何か、どういうシステムなのかといった普遍的関心は必要ですが、細かい分子名のような知識が必要かは微妙です。この点は、それぞれがどのような問題に挑むかに依存すると思います(僕はそれほど知識がありません、むしろ若い人の方が必要に応じてどんどん吸収して行くように見えます。要は意欲があれば、皆成功しています)。 いずれにせよ、必要になったら、どんな知識でも身につけられるという気力、実行力は望ましいですが。

一方、生物関係の学科の出身者の場合、基本的な数学・物理学を修得しておくことが必要です。 (少なくとも、学部レベルの物理数学、力学、熱力学、統計力学、量子力学など。)これについては必要でしたら相談にのります。

E

非線形の問題ではコンピュータを駆使することが多いわけで、「コンピュータは使いたくない」という方は (絶対 無理とはいえませんが)、 かなり 難しいと思います。ただしそう長いプログラムを書く能力がいるわけではなく、むろん計算機で面白い結果をだしたものを楽しめるかどうかの方が大事でしょう。 (なお、最近、計算機はメイルとインターネットとワープロに使うものだと思い込んでいる人や、プログラムってのはどこかにあるものを使えばいいという人がみうけられますが、簡単なものでもいいですから、自分でプログラム書いてみてそこからあらわれる現象にびっくりしたり楽しんだりする経験をもつことをすすめます)

研究はいずれにせよ試行錯誤の連続です。誰もやっていないことをやろうとするのですから多くの場合は失敗です。失敗にめげずにいろいろ試し続けること、最初の大目標は 実現できなくても道の途中で得られたこと、また試行錯誤の過程自体を面白がれるかが重要です。

F

ぼく自身の研究スタイルは異なるテーマをつなぐ着想によったり、また発見法的なものも多いです。必要に応じて、計算機で試してみてそこから発想をうることも多いです。研究は各自の個性でおこなえばよいので、このスタイル以外で成功している人も研究室にはいます。 ただ、わからなくても、とにかくまずやってみて何かを発見していこうという 精神は必要だと思います。特に一見複雑に見え、すぐにはわからない結果から自分なりにストーリーをくみたて、その仮説に基づきまた 計算機実験なり理論解析を試行錯誤していく「元気さ」が必要だと思います。

G

研究室というのは勉強をするところではなく研究をするところですから、特にカオスについての 勉強をするということはありません。 残念なことに多くの大学では正規の授業でカオスを教えていないかと思います。 大学院志望にあたってある程度、どういうものかくらいは 知りたい場合は、通俗本ではなく、例えば日本語のものでしたら、 カオスの中の秩序(Berge-Pomeau-Vidal 相澤訳、産業図書)、英語でしたら短いものではStrange Attractor and Chaotic Evolution (D. Ruelle, Cambridge Univ. Press),標準的教科書としてはChaos In Dynamical Systems (E.Ott,Cambridge Univ Press)、などがあるかと思います。
力学系一般については、Hirsch, Smale, Deraneyの Differential Equations, Dynamical Systems & Introduction to Chaos(力学系入門, 共立出版)などがあります。

H

自立を求めましたが、これは ひとりよがりということとは違います。テーマの設定から、研究をおこなってまとめていく過程のどの段階でも、 僕を含めた研究室のほかの方と議論することが大事です。もちろん、その過程ではさまざまな批判を受けますが それを恐れていては何もできません。むしろ批判をもとに自分の考えを成長させていく過程を楽しむのが必要です。 (僕は(雑談を含め)議論しているのが好きなので、その時間は十分用意しています。「鐘をたたいてもらえれば」いくらでも反応します。 そうしているうちに互いに共鳴して大きな振幅になっていくのが理想で、これまでもその形でよい共同研究をさせてもらっています。)

I

なお、原則として博士課程まで研究するものとして接します。ただし 博士課程の大学院生は1人前の研究者であることが前提ですので、修士論文が書ければ即 博士課程進学許可というようには考えていませんから、 念のため注意して下さい。

就職について:いい職をうるために研究するのでなく、研究をしたいのが前提なので、この分野は就職があるか、とかで研究分野を決めるのは不純です。ただし、博士をとる水準の研究 (上記のようにその基準を下げて行くつもりはありません)に到達していればそうむやみに心配することはないかと思います。 むろん研究者は安易な生活ではありませんが、本当にやりたいことがあって、 その分野で新しい成果を発表し続けて、自立した研究者として活躍してさえいれば 過度に心配することはありません。博士をとった後 ポストドク研究員(当研究室のこれまでの例は、米国サンタフェ研、ドイツフンボルトフェロー、 数理解析研、北大電子研、学振、理研など)を経て大学や研究所にポストが 見つけられていくと思います。なお、これまでに博士をとった人が21名(95年修了以降)おりますが、 2014年時点で教授、准教授などのPIが10、助教4、(助教相当の)研究員3、ポスドク3です。 高い評価を受けている人も多く、皆さん活躍しています。

J

(一般的な意見):あたりまえのことですが、どの大学院のどの研究室を選ぶかというのは、これからの人生を自分が決めていく上での最初の重要な選択肢です。自分が何をやりたいかをよく考え、もう一度自分をよく見直して判断して下さい。 なお、どの大学かとかどの研究科かとかで選ぶのは間違いです。自分がやりたいことをやるのに適した研究室というのが決定のための基準であり、その研究室がたまたま どこにあるかということは2次的なことです。 また、日本では出身大学の出身学科の上の大学院に進学する人が多いですが、これは世界的には非常識です。むしろ、この前提をまず外した上で、国内国外、国公立私立も問わずに すべて白紙にした上で、自分の研究したいテーマ上で自分の行くべき研究室がどこかを考えるのがよいでしょう。 (学費のためか、優れた教員のいる私立大学大学院に外部から進学を考えないケースが時々ありますが、色々とサポートの制度もあるはずですから、同じ重みで考慮すべきでしょう)。 当然ですが、書いてあるものを読んだり、多人数対象の講義をきいただけでは、なかなか判断ができないでしょうから、 志望を決める上ではアポイントをとって相談にいくのがよいでしょう。その場合も漠然と行くのでなく、自分のやりたいことは何か考え、そこの研究室でやっている(らしい)ことは何かをある程度調べて行けば有効になるでしょう。

以上、一見きびしい(?)ことを書いたようにも見えますが、自分なりの問題意識を持ち、理解したいことがあり、へこたれずに研究を続けていく意志があれば、 必ず道は開けてくる、というのがこれまでの経験則です(そのお手伝いくらいは十分できます)。つまらないことを書いてきましたが、研究に没頭する意志がある人にとっ ては大学院生活は 人生のもっとも素晴らしい時期です。 健闘を期待します。